吉塚商店街
吉塚商店街写真館

吉塚商店街のあゆみ

吉塚商店街「吉塚市場」との名称で呼ばれだしたのは、戦後、特に食料が不足している頃-昭和25年頃、魚屋2軒(松本・広方)それに八百屋1軒の3軒くらいでやっていたのが始まりです。

この時代よりここはお客様の来訪が多く、その後自然発生的に次々と店舗ができ、闇市の如くに広まりました。

今の道路は昔ながらのままで、当時から道は狭く、お客さまの往来でギュウギュウ詰めの様相を朝から夕刻まで眺められるほどに活気ある場所として栄えました。

昔、「とり善」のあった場所は、病院のレンガ塀が連なる交差点でしたが、この土地を買いレンガ塀を取り壊したのが昭和27年、4差路を取り囲む様にして暫時6店舗を建て上げたのが、吉塚市場の原型です。

吉塚商店街かまぼこ屋、天ぷら屋、魚屋・・・食品を取り扱う店々が立ち並び、お客さまの往来も増し、現在の志免町や堅粕からのお客さまが集中して、自然発生的に商店が増え、住宅も店舗に改造して市場というものが形成されました。

昭和32年頃に福岡市の許可をとってアーケードを設け、それが今に残る佇まいとなっています。

近年では近隣にスーパーマーケットが林立し、住宅や吉塚駅の開発や区画整備も進み、吉塚市場は取り残された一角となっていますが、風情には栄華を醸す佇まいが随所に見られ、商売人の心意気は昔ながらのままで続いています。

今また、昔ながらの対話の商法を踏みしめて、新しい展開をそれぞれの店々が模索する時が到来したのではないかと感じています。

とり善 初代会長  河津 善陽(かわず よしはる)

btn_pagetop_off.gif

吉塚商店街 福岡市博多区吉塚1丁目-20-3
copyright(c) 2010 YOSHIDUKA Shopping District. All Rights Reserved.